足や手や顔のむくみを取る方法と予防法

MENU

むくみとは

飲みすぎた次の日、鏡をみると間違いなく、顔が腫れあがっています。ひどいいです。
夜に家に帰るとすると、足が象さんになっているのです。ブーツを脱グのが大変です。ちかごろ、年のせいか「むくみ」を感じることがわりと多くなってしまったです。

 

「このままではヤバい、なんとかしなくては」と、つくづく感じてしまいますよね。

 

リアルに「むくみ」とはどういう様子を指すのでしょうか。「むくみ」には症状が要因のものと短期的のものがあるのですどちらも「むくみ」は皮膚の下に水分が溜まった様子をいいます。

 

本来、体を巡る水分は血管やリンパ管を通って処理されます。とりわけ「むくみ」とかかわりが深いのがリンパ管を流れるリンパ液です。リンパ管は細胞間にある水分と老廃物を回収します。この水分と老廃物をリンパ液といいます。リンパ管の流れが滞ると回収されるべき水分と老廃物が回収されなくなってしまうのです。回収されない水分と老廃物が細胞の中に滞り「むくみ」になるのです。

 

例え短期的の「むくみ」といっても馬鹿にはできません。むくみを取るをガチで考えなくてはいけないと思います。

 

むくみのお役立ちネタ

リンパ管はボディに網の目のよう張り巡らされているのです。体に欠かせない水分や栄養素が毛細血管をとって隅々までいきわわずか後、今度は残った水分とあわせて老廃物を回収します。

 

この回収された水分と老廃物(リンパ液)は、首、脇、足の付け根にあるリンパ節で濾過します。リンパのシステムはボディ内のごみを回収して清めるするシステムだとういうわけなのです。むくみを取るにはリンパとのかかわりを把握したうえで取り組むことが欠かせないことなのです。

むくみの確認

むくみを取る方法を実践するにおいて、先に、むくみの確認をしてみましょう。

 

むくみがボディにでるようだと症状が要因とされることもあるので注意することが欠かせないことなのです。

 

広くは顔と足にむくみはあらわれます。
むくみを確認する方法としては、足首の少し上あたりを指で数秒押し、跡が残るようなのですねと、むくみとなります。

 

足のむくみのときは疲れて足がだるく感じたりするなど自覚症状もあるので手っ取り早くわかると思います。

 

顔のむくみに関しては、朝起きた時に、「まぶた」及び「顔トータル」が腫れてあらわれます。朝起きた時に顔にむくみがでるのは夜、寝ている時、水分が均等に体トータルにいきわたるためです。前の晩、お酒を飲み過ぎれば、増えた水分も均等に顔にいきわたります。朝起きて顔を見れば、それだけ、「まぶた」も、「顔」も「ぱんぱん」に腫れているというわけです。

 

ただ顔のむくみは時間と共に、ひいていきます。起きて動いていれば、ナチュラルに水分は下へさがっていきます。

 

むくみのお役立ちネタ

リンパ液は老廃物を回収します。血管から染み出た血漿栄養素の中にアルブミンというタンパク質があるのですこのアルブミンが老廃物の輸送する務めを担っています。アルブミンは肝臓で作られます。

 

アルブミンの生成が低下すると老廃物などの輸送に支障をきたしその成り行きとして、むくみが発生します。むくみには短期的のものと深刻な症状が要因のものがあるのですただのむくみと侮るのでなく、むくみを取ることをしっかりとしていきましょう。でかい症状の発見にもつながっていきますよ。

むくみが表れる部位

ボディ内でなおいっそうも「むくみ」を感じるところは、ます顔でしょうか。
短期的の「むくみ」でもむくむエリアによって若干要因が異なります。

 

顔に「むくみ」が出るのは朝、起きた時です。顔の「むくみ」は起きて行いをはじめると午前中一杯でなんとかおさまってきます。

 

逆に足・ふくらはぎにでる「むくみ」は夜に家に帰ると後、長時間立ち仕事をした後、にあらわれてきます。「むくみが現れるエリア」によって「むくみを取る方法」も変わってきます。

 

また顔に現れる「むくみ」でも、顔トータルがパンパンに腫れるように、むくむ人もいれば、まぶたが腫れあがるように、むくむ人もいます。まぶたの周りはわりと皮膚が薄いので、ちょっとはの「むくみ」でも手っ取り早く表れます。

 

ちなみに泣くとまぶたが腫れるのは泣く事が要因ではないようなのですね。泣くことによってまぶたをこすることが要因だそうです。失恋した時はこの上なく泣きましょう。涙を拭わず、流れるままにして、まぶたにはさわらない。そしたらきっと、次の日は心も顔もすっきりしているとおもいます。

 

むくみのお役立ちネタ

短期的の「むくみ」ならば良いのとは言っても症状が要因のむくみはその「むくみ」が現れるパーツによってわりと要因がわかれてきます。
〇顔・・・月経前〇まぶた・ネフローゼ症候群〇おなか・肝硬変〇手・・・内臓疾患〇足・・・妊娠・足気〇背中・・急性心膜炎

 

むくみとは、体トータル、各パーツに現れるものです。そう考えると「むくみを取ること」は健康な体へのコントロールの一つになります。痩せることと共に、むくみを取ることにも取り組んでいくことをおすすめします。