エコノミークラス症候群の症状と予防法

MENU

むくみを取る・エコノミークラス症候群

深部静脈血栓症が要因で急性肺動脈血栓塞栓症が引き起こされます。なにやら難しい医学用語とは言ってもエコノミークラス症候群の症状ですが耳にしたことないのですか。

 

長時間のフライト時、同じスタイルで座り継続していくと血の流れが悪くなります。水分不足を伴い血液がドロドロになると、血栓ができてしまうのです。飛行機がいざ、ゴール地に着くと今まで座り継続していた体を急に動かし始めます。その時血の流れが激しくなると、太ももやふくらはぎにできた血栓が血管から剥がれ肺まで達すると、この難しい「急性肺動脈血栓塞柱症」を引き起こします。最悪のとき、死に至ることもあるのです体を急に動かすとどのようなわけで血の流れがあがるのでしょうか、

 

座席から立ち上がる時、筋肉ポンプが働きます。太ももやふくらはぎの筋肉ポンプは、「ふくらはぎ」の事です。

 

むくみを取るには、この筋肉ポンプの「ふくらはぎ」が役に立つわけです。「エコノミークラス症候群」も、「むくみ」も血の流れが滞ることが要因の一つにあげられるのです。「エコノミークラス症候群」は血の流れが滞る事と水分不足による血液のドロドロが要因とは言っても「むくみ」は血の流れが滞る事と水分の無茶苦茶摂取が要因です。

 

エコノミー症候群とむくみのお役立ちネタ

むくみを取ることに役に立つ筋肉ポンプには「ふくらはぎ」がメジャーです。第二心臓とも呼ばれているのとは言っても他の筋肉もポンプの務めを担っています。筋肉の収縮と弛緩が働くと血の流れが良くなると言う事です。適度に体を動かす、同じスタイルを維持しない。むくみを取ることにもなるし、エコノミークラス症候群こちらにも効き目があるのです