温みの原因ホルモンのバランスを整えましょう

MENU

むくみを取る・ホルモンバランス

人に大事なホルモン。ホルモンの正体とは、どういうものなのでしょうか。ホルモンは「細胞間のネタ伝達をするための伝達化学物質」です。女の人にとってとりわけ必要で大事なのが「黄体ホルモン」と「卵胞ホルモン」です。「黄体ホルモン」も「卵胞ホルモン」も卵巣でつくられます。

 

これをコントロール、監督、命令を下しているのが、脳の視床下部、下垂体です。卵巣でつくられる「黄体ホルモン」と「卵胞ホルモン」は脳からの指令でエネルギッシュに仕事をします。女の人の為に一所懸命に働く「黄体ホルモン」と「卵胞ホルモン」とは言ってもこのホルモン達の働きがおかしくなると女の人の体のいろんな所に支障をきたします。「むくみ」の要因にも、ホルモンがかかわりしていることがあるのです

 

「卵胞ホルモン」または「黄体ホルモン」をコントロール、監督している視床下部は、利尿を促す、抗利尿ホルモンを使い体の水分調整もおこなっているのです。「黄体ホルモン」や「卵胞ホルモン」がバランスを崩すとネタの混乱をまねき、水分の調整に支障をきたします。ですので体にむくみが生じるのです。「むくみを取る」を考える時には、いつもホルモンのバランスも気にすることが欠かせないことだと思います。

 

むくみの原因ホルモンバランスのお役立ちネタ

ホルモンバランスを乱す要因は、一部のあるのとは言っても大きいのが欲求不満による精神的なものと、いきすぎた痩せる事による肉体的なものとあるのです規則間違いのない食事や暮らし習慣と欲求不満を貯め込まないことがなにをおいてもホルモンのバランスを整えそれが「むくみを取る」になります。