むくみを取る食べ物

MENU

むくみを取る・食の暮らし

「辛い食事」や「しょっぱいもの」を食べると喉が渇きます。水が欲しくなります。なぜでしょう。食べた瞬間に人の体から大量の水分が蒸発してしまったのでしょうか。そういった訳はないです。

 

体にはナトリウム濃度を一定にしようとする働きがあるのです塩分が体の中に取り込まれるとナトリウムと塩素に分解されます。塩分の多数フードを食べると、体はナトリウムの濃度を調整するため水分プラスを要求します。

 

「水を飲まないとナトリウムを薄められない」・・・私たちは慌てて水を飲みます。リアルに体の水分が足りなくなってきているわけではないので、体に欠かせない水分量としては無茶苦茶です。早くボディ内から排出しなければ、それが要因で体はむくんでしまうのです。

 

短期的の「むくみ」は食の暮らしがおおいにかかわりしているのです。間違いのない食の暮らしすればそれ自体が「むくみを取る」になるのです。「むくみを取る」の間違いのない食の暮らしではやはり塩分控えの食事となります。

 

一般のフードに含まれる塩分はそれほど気にする必要はないのです。テーマは調味料と加工フードです。ハム、チーズ、ベーコンなどは塩分が高いので要注意です。またインスタントフードやファーストフードもできれば避けたいものです。醤油や味噌といった調味料は塩分控えめのものをチョイスするのがイメージです。

 

むくみを取る食べ物のお役立ちネタ
摂り込んでしまった水分を排出するのに、効き目をアップするような食べ物があるのですウリ科の野菜は利尿働きがあるのとは言ってもとりわけ「きゅうり」が推薦です。欠かさず「きゅうり」を食べ、ぐんぐん水分を排出しましょう。

顔のむくみをとる、むくませないための食事方法

顔のむくみをとる方法はマッサージやエクササイズだけではありません。
食事なども少し気をつけるだけで可能で顔のむくみをとる、予防することが出きます。

 

塩分の摂りすぎには何よりも注意しなければならないようです。
細胞や血液中に多くの水分を、塩分を多くとると溜め込んでしまうので、
食事は塩分の量に気をつけたものがおすすめです。

 

味噌汁、漬物、醤油と塩がふんだんに使われている和食は、
ヘルシーと思いがちですが、塩分の面から見ると注意しなければならないようです。

 

自分の食べるものの塩分量を一度、見直してみると、
顔のむくみからスムーズに解消出来るかもしれません。

 

小顔になる為には、1日に少なくとも1〜2リッターは水を飲むのを心がけましょう。
水分の取り過ぎだけではなく、不足してもむくみは起こるといいます。
小量ずつお水を飲むことが、むくみをとるなら重要なことです。

 

新陳代謝を上げてくれるショウガやニンニクには利尿作用がありますし
健康やダイエットにも良いものですので、どんどん食べましょう。

 

たくさんお水をとっても排出されなければ、
どんどん体に溜め込んでしまういますからね。

 

顔のむくみをとるためには、
こまめに利尿作用のある食べ物やお茶などを摂取する事から始めましょう。
この他にもいろいろとありますが、簡単な方法からはじめてみてはいかがでしょうか。

カリウムの効果でむくみ対策、カリウムを多く含む食べ物とおすすめサプリ

朝起きたら顔がむくんでいたなんてことは、
経験したことのある人は多いと思います。

 

アルコールの飲みすぎや、塩分のとりすぎが考えられます。
前日の寝る前に塩分の高い食べ物を食べすぎると、
次の日の朝顔がむくんでしまうというわけです。

 

体内の塩分のバランスが崩れて、水分コントロールができなくなってしまうのですね。

 

このような状態を防いでむくみをとるには「カリウム」が有効です。
カリウムは利尿作用が高く、
摂りすぎてしまった塩分も体外に排出してくれる働きがあります。

 

さらに腎臓に塩分が再吸収されることを防ぐ作用もあるため、
むくみをとるだけでなく腎臓系の障害や高血圧の予防にも役立ちます。

 

このようにカリウムは体内になくてはならない大切な要素です。

 

カリウムを多く含む食品は、ほうれん草や納豆アボカド、ひじきなどが挙げられます。

 

普段から塩分とたくさん摂りがちでむくみが気になるという人は、
むくみをとるためにカリウムをサプリで摂取してみてはいかがでしょうか。

 

カリウムは体内に蓄積されず、尿と一緒に排泄されてしまいますので、
安心して摂取できるサプリです。