入浴でむくみを取る方法

MENU

むくみを取る・入浴

「お風呂に入りましょう」・・・ちかごろの若い人はシャワーだけで済ませることが多数と聞きます。入浴は「むくみを取る」ことにとって欠かせないアイテムです。日本には昔から入浴カルチャーが定着しているのです。

 

のんびり湯船につかることにより、疲れを癒し、血の流れを良くすることで「むくみ」を取ります。というわけで湯船のつかりかたとは言ってもイメージは温めのお湯に20分から30分位はつかり、体の内から温めることが欠かせないことなのです。暑いお湯につかり表面だけ体温をあげても意味はないのです。
温めの温度の基準は37度から40度の間がイメージです。体温より少し高い位で体を温めると徐々に血の流れがよくなり、血液およびリンパ液の流れが良くなってきます。できれば綺麗な水をプラスしながら入浴すれば水分がサイクルして老廃物を含む古い水分が排出されます。

 

「むくみ」は水分の無茶苦茶摂取が要因と言うよりも、クリーンではない水分が排出されず、体の中に滞ることがテーマなのです。また汗から老廃物が排出されていると誤解しているのです。汗はそのあらかたがお水です。その他はミネラル分のナトリウム、カリウム等でしかないのです。老廃物は尿とあわせて腎臓で処理され排出されます。水分をプラスして尿として出す、汗はあくまでも、上がり過ぎた体温の調整でしかないのです。

 

入浴でむくみ取りのお役立ちネタ
・・・なおいっそうも効き目をアップするよのは、入浴時にリンパマッサージをしてみましょうです。リンパ液自体は体の表面近くを流れています。パワーをかけすぎずにリンパ節に向かい流れを促すようにマッサージをしてください。「むくみを取る」として、それだけで効き目は現れてくるはずですよ。

ゲルマニウム温浴の効果とおすすめの入浴剤

むくんでしまった全身に効果があるのがゲルマニウム温浴です。
かといってむくみをとるために毎日温泉に通うわけにもいきませんよね。
そんな時におすすめなのが、ゲルマニウム入浴剤です。

 

これを使用することによって、
自宅にいながらゲルマニウム温浴を行うことができ、むくみをとることができます。

 

市販の入浴剤では「ゲルマバス」などの名前で販売されています。

 

むくみの原因は水分であることがほとんどですので、
汗をかいて水分を体外に出してあげることで、
体内の毒素も一緒に排出されてすっきりします。

 

またお風呂で温まることにより血行がよくなり、
手足の先の血液も循環するようになるのは高ポイントです。

 

お風呂から出た後も、ぽかぽかした状態が続き気持ちよく眠りにつくことができます。
入浴剤はどれも同じだと思わないで、ぜひゲルマニウム入浴剤を試してみてください。

 

ゲルマ温浴をする際は、
普段よりちょっと熱めの40度あら42度のお湯につかるとむくみをとるのに効果的です。
仕事で疲れて帰ってきたときに、リラックス効果もあるので助かります。