疲れとむくみの関係

MENU

疲れを取ってむくみを取る

「昨夜、いろいろあってさ、寝不足なの」「おかげで顔のむくみが酷くて」と寝不足で疲れが取れない良く聞くOLさんたちの会話です。

 

寝ることが不足し疲れが取れないことでむく」の要因であることは皆さん知ってらっしゃることだと思うのとは言っても、それでは、なぜ寝ることが不足すると体は「むくむ」のでしょうか。

 

寝る時間が不足すると、体が疲れします。その様子が続くと二酸化炭素などの疲れ物質が細胞内に滞るってしまします。細胞内は疲れ物質が滞るため酸素不足になります。酸素不足になった細胞は血管を拡張して血の流れ量を上げ酸素のサポートをするのです。

 

血の流れの量がアップするとと本来回収されるべき水分が回収されずに残ってしまうのです。この取り残された水分が「むくみ」の要因になるのです。

 

寝ることの不足は「むくみ」の大敵なのです。「むくみを取る」ため、この原因、寝ることの不足を克服しましょう。とは言え、わりとちかごろの人間にとって寝ること足りていない克服は一筋縄ではいきません。ある意味「ちかごろ病」のようなものというわけで、巷では多種多様な方法を披露されているのとは言っても、すぐ取り組める方法があるのです

 

これだけはやっておくことをおすすめします⇒「起きる時間はいつも同じにする」どんなに前の晩遅くても、その日が休日でも、起きる時間を変えない。これは効き目をアップするようであり疲れを取るキーポイントでもあるのです。

 

そして寝る直前には食事をしない。寝ている時は内臓も寝かせてあげましょう。斯くして自らの寝ること時間を知ること、これもキーポイントなのです。

 

疲れとむくみのお役立ちネタ

寝る為の「寝酒」とは言っても少量ならばインパクトはないと思います。ただ「むくみを取る」から考えるとあまりアルコールを飲むことは推薦できません。少量で収まらなければ明日わりとむくんでしまうのですよ。