むくみを取る・成長ホルモン

MENU

むくみを取る・成長ホルモン

「成長ホルモン」は年をわりと分泌されます。量は減っても女の人にはかかせないホルモンのひとつです。またこの成長ホルモンは「むくみ」にもかかわりしているのです。「成長ホルモン」は俗に「若返りホルモン」とも呼ばれるホルモンです。肌は28日周期で生まれ変わります。この肌代謝は「成長ホルモン」によって行われます。

 

また疲れを取ること時にも「成長ホルモン」が分泌されます。この「成長ホルモン」の分泌が減少すれば、疲れの回復は遅れ、筋肉は衰え、老廃物が排出されづらくなり、体は「むくみ」肌代謝は乱れます。女の人にとっては一大事です。「成長ホルモン対策」・・・分泌を少しでも多くするのは「むくみを取る」にも繋がります。「成長ホルモン」がいつ分泌されるかと言うと寝ること後3時間「レム寝ること」に入った頃といわれています。やはり寝ることがBIGかかわりしていることになるのです。

 

「成長ホルモン」に限らず、全てのホルモンにかかわりしているのが寝ることです。暮らし習慣がちょっとは乱れても、仕事で欲求不満がちょっとは溜まっていても、寝ることさえしっかり摂れていれば、体は回復し「むくみ」も抑えられます。「むくみを取る」として寝ること以外に「成長ホルモン」を分泌させる方法があるのですそれは筋肉トレーニングです。

 

筋肉トレーニングで筋線維が破壊されます。その破壊された筋肉を回復する時に「成長ホルモン」が分泌されます。

 

□むくみのお役立ちネタ・・・筋肉トレーニングは「成長ホルモン」の分泌だけでなく、筋肉を鍛えますから、筋肉ポンプも強化されます。またトレーニングによって体が疲れすると寝ることも健全化されます。