正しい歩く方法ががむくみを取る

MENU

むくみを取る・歩き方

「くみを取る方法に歩き方となにがかかわりあるのでしょう。ただ歩くのではないのです。間違いなく歩くのです。間違いなく歩行すると体の歪みが治ります。

 

人は暮らしをしている間に、それぞれの癖で体が歪みます。例えをあげるとすると椅子に座って足を組みます。直立に立っているつもりでもどちらかの足に目方をかけています。右利き、左利き、人はバランスよく左右を使い分けていません。どちらかに偏っています。すると骨盤が歪みます。右肩、左肩の高さを見てください。どちらかが高くどちらかが低くはないのですか。

 

間違いなく歩行することはこの歪みを治すことをしてくれるのです。これはむくみを取る方法にうってつけなのです。間違いのない歩行はふくらはぎへの効き目をアップするように利用して歩きます。

 

間違った歩き方ではそれが出来ていません。自らは間違いなく歩こうとした時、違和感がありました。右足と左足の地面に着くイメージに悪いところを感じたのです。右足と左足の長さが若干異なる、骨盤が歪んでいるのだと気づきました。いつもはそう感じさせない歩き方をしていたのです。

 

他の人の歩く姿を観察すると間違いなく歩いている人は少ないのにビックリします。皆さんも何としても自らの歩く姿を見直してみることをおすすめします。ついでに外出した時、他人の歩く姿をウォッチしてみてくださいね。意外と面白いのですよ。

 

むくみのお役立ちネタ

体が歪んでいると血液・リンパ液の流れも悪くなってしまいます。これは疑いようがないことで体はむくみやすくなってしまうのです。また長い間、歪んだ体を何も手立てをせずに、ほっておけばそこに脂肪がつき矯正しづらくなってしまうのです。そうなる前に体の歪みを治すことをおすすめします。