足のむくみを取る方法

MENU

樹液シートで足のむくみを取る方法

足のむくみ、気になりますね。
夕方になるとだるくて重くなる、ぱんぱんにはって靴がきつくなる、
等の症状に悩んでいる方多いと思います。

 

むくみの原因は色々あります。
病気が原因になっていることもありますから、
長時間むくみが続いている場合は病院で診察を受けた方がいいです。

 

大半のむくみは一過性です。

 

朝、顔がパンパンにむくんでいても、お昼前には消えたりしますね。
夕方の足のむくみも、マッサージしたり足を高くして少し横になったりすると消えますね。

 

そんな、一過性のむくみをとる方法に多くの人が利用しているのは
樹液シートと言われる商品です。
足のむくみを取る方法

 

気になる部分に貼るだけなので、楽ですよ。

 

各社様々ですが、概ね植物由来の成分の他に銀イオンやゲルマニウム、
トルマリンといった鉱物成分も多く含まれています。

 

寝る前に足の裏に貼ったり、首筋に貼ったりすると、むくみ解消になると人気ですよ。

 

むくみ解消には樹液シートなどの商品はもちろん、
食事の改善なども効果があると言われています。
良いものをミックスして、むくみの解消目指しましょうね。

足枕でむくみをとる方法

疲れているのに、足がむくんで眠れなかったり、
足がだるくて寝付けないことはよくありますよね。

 

これは長い時間立ち続けたりしたことにより、
足先に血液がたまってしまいうまく流れていかないことによります。

 

この状態を解消するよい方法に、足枕があります。
足のむくみを取る方法

 

寝た状態で足の高さをを心臓よりも高くすると、
足先にたまった血液を心臓に送り戻してむくみをとることができます。

 

寝るときに足の下にも枕を置き、足を乗せて寝ると、
むくみをとることができるだけでなく、足のだるさや疲れがスッキリとれます。

 

また、質の良い眠りを提供するグッズであったりします。

 

市販の足枕は、中にそばがらやビーズが入っていて
気持ちの良い感触であり、高さを調節できるものもあります。

 

足まくらの効果的な高さは10cmから15cmです。
あまり高くしすぎると腰を痛めますので注意が必要です。

 

またむくみをとるために一晩中足の下に置いておく必要はないので、
睡眠中に蹴飛ばしてしまったらそのままで大丈夫です。

足の裏のむくみをとるツボには竹踏みが効果的

足の裏にはたくさんのツボがありますが、
むくみをとる湧泉というツボもあります。

 

湧泉の場所は、足の指を内側に曲げてくぼんだ所です。
このツボを刺激すると足のむくみや足先の冷えが解消されるのですが、
なんせ足の裏ですのでなかなか気軽につぼ押しするわけにはいきません。

 

そんな時に便利なのが、昔からある竹踏みです。

 

竹踏みは血行を促進するのでむくみをとる大きな効果がありますが、
その他にも血行改善や疲労回復、自律神経調整にも効果をもたらします。

 

べつに長時間踏んでいる必要はないので、歯磨きをしている間や、
テレビを見ながらなどちょっとした時に数分踏むように習慣づけていきましょう。  

 

最初の慣れないうちは自分の全体重がかかるわけですから、
少し痛いと感じるかもしれません。
だんだんと足が慣れていくにつれて、足の裏の痛みも感じなくなり、
気持ちよいと感じるようになってきます。

 

やり始めはシンプルな竹で初めて、
物足りないなと感じるようになったらいぼのついた竹に変えて、
つぼを刺激していくと良いでしょう。

 

むくみをとるために竹踏みをする時は裸足でやると効果が高いのですが、
冬場に裸足になるのは寒いという人用にヒーター付の竹踏みも販売されています。

コロコロローラーマッサージでむくみを撃退

むくんでしまった手足や顔は、一刻も早くむくみをとるのが大切ですね。
自分で簡単にむくみ解消できるグッズの一つとして、コロコロローラーがおすすめです。

 

むくみをとるには、血行を良くしてあげることが一番です。
たいていのむくみ解消ローラーには、
でこぼこがついていたりして特別に力を入れたりしなくても、 しっかりほぐすことができます。

 

例えば足のむくみをとる場合は、
このローラーを使ってコロコロと毎日10分から15分くらいマッサージをすると、
数日から1週間で足が引き締まったような感じがします。
これは足が痩せたわけではなく、むくみがとれて本来の足の形が出てきたのですね。

 

このコロコロローラーのうれしいところは、
テレビを見ながらや家でくつろぎながらも
自分でむくみをとるケアを行うことができる点です。
マッサージの強さも自分の手加減ひとつで調節できるのも、うれしいですね。                                                        
このローラーで顔のマッサージを行うことで、小顔効果も期待できます。

足のむくみ用サンダルでむくみをとる方法

足のむくみに悩む人々のために、足のむくみ解消サンダルというものがあります。
普通のサンダルと違って、むくみに効くように作られているためデザインが多少変わっています。

 

まず、竹踏みの原理を利用したもので、
土ふまずの部分が盛り上がっているもの。

 

歩くたびに血行をよくするだけでなく、
足裏のツボを刺激してむくみをとる仕組みになっています。

 

実際の竹踏みに比べて柔らかい素材を使用しているので、
足裏が痛くなるようなことはありません。
このタイプは主に室内用に販売されています。

 

そしてもう1種類、サンダルの裏がアーチ型になっているものです。
つま先が反りあがった形になっており、歩く際の足指での蹴り上げを助けます。

 

これを履いて歩くと足の裏の筋力が鍛えられて、
水分や血液のポンプアップの働きが強化されるためむくみにくくなります。

 

これらのサンダルの良い点は、
むくみをとるだけでなく、履いて歩くだけで自然と姿勢もよくなりダイエットにもつながるところです。

 

おしゃれなデザインのサンダルもたくさん出てきているので、
普段から足のむくみをとるために1足は持っていたいアイテムです。

口コミや売れ筋ランキングで人気の足湯器の効果と足湯

朝は顔や手がむくみやすいのですが、
1日の終わりになると靴下のあとがつくぐらい足がむくむ人も多くいると思います。

 

女性は筋肉が少ないため足先にたまってきた
水分や血液をポンプして上半身に送る働きが弱いためです。

 

しかしながら足裏は第2の心臓と言われる通り、
たくさんのつぼがありますので、正しくケアをしてあげれば足の疲れやむくみをとることができます。

 

むくみをとる一番良い方法はゲルマニウム温浴などの入浴法で
全身をあたため血行を良くすることですが、
忙しくてゆっくり入浴している暇がないとか、
妊娠中で体が重く入浴はしんどいという人には足湯がおすすめです。

 

足湯というと昔はバケツやたらいにお湯を入れて行っていましたが、
それではだんだんとお湯がさめてしまいます。

 

そこで近年むくみをとるために人気なのが、フットバスです。
コンセントにつなげばお湯の温度を一定に保ってくれて、
好きなだけ足湯を楽しむことができます。

 

だいたい20分もすれば足だけでなく体中がぽかぽかしてきて、
足の疲れもぐっと楽になるでしょう。

 

足をいれているだけでいいので、
机の下に置いてメールチェックをしながらやテレビを見ながら
手軽にむくみケアをすることができます。

 

市販のフットバスは種類が豊富で、つぼ押しのために底に突起があるものや、
泡が出るもの、フットローラーがついているものなど様々です。

レッグウォーマーでむくみ予防

顔や手足がむくんでしまってからむくみをとるは大変ですので、
むくむ前に何かしら対策をしておきたいですね。

 

むくみの原因の一つにエアコンによる冷えがあります。
夏場にエアコンがきいているオフィスで働く女性は、
この冷えに悩まされる人も多いのではないでしょうか。

 

ましてや座りっぱなしや立ちっぱなしの状態が続くと、
血液の流れが悪くなり、足先に水分や血液がたまってしまいむくみとなります。

 

これを防ぎむくみをとるためにおすすめのグッズが、レッグウォーマーです。
レッグウォーマーとは、靴下と似ていますが、膝下から足首までを温めるものです。

 

足のむくみを取る方法

 

足の冷え対策に膝かけなどを使っている人もいると思いますが、
レッグウォーマーならずり落ちたりせず安心して動けます。

 

最近のレッグウォーマーでは、遠赤外線仕様になっているものもあり、
かなり足を温めてくれるのでむくみから足を守ってくれます。

 

自宅でむくみをとるために使用するには、
足首やふくらはぎに圧力のかかるように設計されたむくみ対策レッグウォーマーもおすすめです。